台湾産ソフトドライマンゴー

熱帯の女王アップルマンゴーをソフトドライマンゴーで年中食べれる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンゴー 台湾産

国内と国外のアップルマンゴーの違いって
もちろん栽培地が違うと国内国外に限らず
それぞれに異なる部分は
出てくるんですけど

すぐに出てくる違いってのは、値段が違う!(笑)

もちろん(笑)ですよね
それ以外で、すぐに出てくる違いというと


国内産のものは、熟成するまで出荷せずに育てられますが
輸入となると、時間と距離の関係上
未熟の状態で出荷される事になりますよね

そうなると
どうしても糖度が十分に熟成するまで育てるには無理がありますよね
その辺の違いもあるんじゃないかなぁって思ったんです

でもね糖分自体の数字は、国内にも劣らず甘み十分!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。